ホームホーム  /   お知らせ一覧

お知らせ一覧

【復帰50周年記念事業】沖縄鉄軌道導入に向けた機運醸成事業(7~11月頃開催予定)

【50周年記念事業としての意義・効果】

本県では、戦後、沖縄戦により壊滅した県営鉄道の復旧は行われず、道路整備を中心とした陸上交通政策が進められ、基幹的公共交通システムを有していない唯一の県となっており、鉄軌道の導入は県民の長年の悲願となっております。復帰50周年という節目で、鉄軌道の導入効果を広く県民に周知することで、改め鉄軌道について考えて頂き、導入に向けた機運醸成を図る。

 

【実施時期】

令和4年7月~11月頃 を予定

 

【事業の内容等】

※本事業は現在、委託業務の公募中です。具体的な業務内容は、今後変更する可能性があります。

 

沖縄に鉄軌道が導入されることで、誰もが自由に移動でき、誰もが住み慣れた地域で暮らせるなどの導入効果を広く県民に周知するシンポジウムの開催や将来、社会の一躍を担う若い世代に向けた、学生向けの導入効果を体験してもらう取組などを実施し、鉄軌道導入に向け、県民一体となる機運醸成を図る。

 

1 鉄軌道PRキャラバン及びシンポジウムの開催

シンポジウムのプレイベントとして、本島北・中・南部の大規模商業施設等で、鉄軌道の導入に向けた取組や導入効果、戦前に沖縄を走っていた軽便鉄道の資料等を展示、また、県外鉄道事業者等と連携した取組等を行い、鉄軌道の取組について幅広く周知を行う。その後、鉄軌道が導入されることで、交通渋滞が緩和され、誰もが自由に移動でき、誰もが住み慣れた地域で暮らし、望む教育・医療を受けることが出来る社会の実現に寄与できるなど、導入効果を広く県民に周知するシンポジウムを開催し、復帰50年を迎えて今なお残る課題の解決に向けて、鉄軌道導入に向けた機運醸成を図る。

 

2 高校生向けの鉄軌道導入効果体験・発表する取組

他県を訪問し、速達性や乗り継ぎ利便性、駅周辺のまちづくりの状況等の鉄軌道の導入効果について、体験・視察してもらい、その効果の理解醸成を図り、帰沖後、自らが感じた鉄軌道の効果及び沖縄鉄軌道に期待する効果について発表してもらうことで、広く県民の機運醸成を図る。

 

3 小学生向け鉄軌道導入効果のワークショップ開催

沖縄の交通課題や鉄軌道の導入効果について、クイズやゲーム等を通して理解してもらい、また駅周辺のまちづくり効果について、まちづくり体験キットを使い、考えてもらうことで、その効果について理解醸成を図る。

 

 

参考リンク:復帰50周年特設サイト

出前講座(昭和薬科大学附属高等学校)を開催しました。

・開催場所:昭和薬科大学附属高等学校・中学校多目的ホール (沖縄県浦添市沢岻450番地)
・開催日時:令和3年10月25日(月) 9:00~
・参加人数:45名

 

鉄軌道導入に向けた取り組みについて説明しました。

 

うまんちゅひろば#37『鉄軌道の早期導入に向けて』の放映について

2021年11月13・14日に開催させて頂きました、『子ども駅まちづくり ワークショップ』について
下記の通り、うまんちゅひろばで放送することが決定致しました。
※県で取り組んでいる鉄軌道の施策やワークショップが取り上げられております。

 
2/12(土)15:55~ 琉球朝日放送
2/13(日)16:54~ 琉球放送

 

是非、ご覧下さいますようお願い致します。

「講演会内容(R3 年12 月24 日)」について

鉄軌道の導入効果等について認識し、交通量が多い沖縄県中南部地域における円滑な交通体系を考え検討し、今後の魅力あるまちづくりに生かしていくため、「公共交通重視型の地域社会への転換を目指して」をメインテーマとする講演会を開催いたしました。

 

詳しい内容はこちらから

沖縄鉄軌道導入に向けたプロモーションビデオ(PV)の掲載について

沖縄県においては、県土の均衡ある発展、県民及び観光客の移動利便性の向上、中南部都市圏の交通渋滞緩和、脱炭素社会の実現等を目的に、沖縄鉄軌道導入に向け取り組んでいるところです。

 

この度、沖縄鉄軌道導入に向けたプロモーションビデオ(PV)が完成いたしましたので、お知らせします。

 
(その他)
・今年度、沖縄鉄軌道導入を目指し、その周知を図るため、講演会、学生向けの事業などを予定しており、当該PVは、これらの事業での活用も予定しています。
 
※詳細については、下記担当者へ直接お問い合わせ願います。
 

【 問い合わせ先 】
沖縄県企画部交通政策課
公共交通推進室 担当:玉盛(具志堅)
TEL:098-866-2045

 

30秒バージョン

 

ロングバージョン

おきなわ鉄軌道ニュース第9号 発行 

おきなわ鉄軌道ニュース第9号は下記のリンクからご覧になれます。

 

・おきなわ鉄軌道ニュース第9号の詳細はこちらから

シンポジウム開催内容(R2年11月2日)について

鉄軌道導入に向けた機運醸成を図るため、有識者による講演及び行政や経済界等の代表者を含めた議論を通じて、沖縄の交通課題の解決や発展に向け、求められる交通体系について考えるシンポジウムを開催いたしました。

 

詳しい内容はこちらから

シンポジウム開催のお知らせ

沖縄の交通課題の解決や発展に向け、陸上交通の現状や課題、観光客の動向などから、沖縄の発展に求められる交通体系について考えるシンポジウムを開催いたします。
シンポジウムでは、モビリティの最新動向を踏まえた今後のまちづくりと鉄軌道が果たす役割と題した基調講演の他、鉄道や新幹線整備による効果事例や日本におけるインバウンドの最新動向などの事例紹介に加えて、行政や経済界の代表者等を含めたパネルディスカッション等により、多くの方に理解を深めて頂く機会となるものと考えておりますので、是非ご参加くださいますよう御案内申し上げます。

 
シンポジウム名:鉄軌道導入に向けた機運醸成に係るシンポジウム~鉄軌道導入に向けて沖縄の発展に求められる交通体系とは~
開催日:2020年11月2日
時間:14:00~17:00(開場13:00)
場所:メイン会場 琉球新報ホール(那覇市)
   サブ会場 コザミュージックタウン音市場(沖縄市)、名護市民会館(名護市)
申込方法:FAXまたはホームページからお申し込みください。
WEBサイト:http://www.tetsukidou-pi2020.com/
申込締切:令和2年10月21日(水)
参加人数:300名(各会場100名先着順)
※席に限りがありますので、事前にご予約の上、ご参加ください。
留意事項:申込にあたっては、WEBサイトに記載の新型コロナウイルス対策に係る留意事項等を必ず御確認下さい。

 

沖縄鉄軌道費用便益分析検証委員会の資料を掲載しました。

沖縄鉄軌道費用便益分析検証委員会の資料を掲載しました。

 

詳しい内容はこちらから

【開催のお知らせ】沖縄鉄軌道費用便益分析検証委員会

沖縄県は、県土の均衡ある発展、県民及び観光客の移動利便性の向上、中南部都市圏の交通渋滞緩和等を目的に、沖縄鉄軌道導入に向け取り組んでおります。

 

当該事業の取組推進にあたっては、事業実施の可否の判断を行う指標の一つとして用いられる費用便益比が、事業化の基準となる1を下回っていることが課題となっております。

 

このため、県においては、令和元年度において、平成30年5月に策定した「沖縄鉄軌道の構想段階における計画書」をもとに、現状で考え得る合理的な手法を検討し、様々な前提条件を組み合わせた複数ケースについて検討を行いました。

 

その結果、ケースによっては1を超える結果が得られたところですが、当該結果は、一定の仮定の下での試算結果であることから、今回、開催する沖縄鉄軌道費用便益分析検証委員会において、検討手法や前提条件等について専門的見地から検証を行うこととしております。

 

つきましては、標記委員会を下記のとおり開催いたします。

 

※ 新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、今回は一般の方の傍聴は、中止とさせていただきます。ご了承の程よろしくお願いいたします。

 

※ 当委員会においては、『新型コロナウイルス感染症に係る沖縄県主催イベント等実施ガイドライン』にもとづき、十分な対策を講じて開催することとしております。

 

委員会名 沖縄鉄軌道費用便益分析検証委員会
日時   令和2年8月11日(火)14:30~16:30
場所   沖縄県庁11階 第1・2会議室

トップへ戻る